電子帳簿保存法対応の連携例

パターン① 会計システムで仕訳入力時にファイル保存してからDenHoに連携する場合

電子帳簿保存法

会計システムで仕訳データにファイル添付後、DenHoにもファイルが転送されて自動でデータ化されます。
DenHoのユニークキーを返却し、相互に紐付けすることも可能です。ファイル添付の画面の組み込みについては当社での作成も出来ます。オーダメイドのモバイルアプリやサイトの提供も可能です。

パターン② DenHoに保存されたファイルを会計システム側から参照して紐付ける場合

電子帳簿保存法

会計システムで仕訳データにファイル添付後、DenHoにもファイルが転送されて自動でデータ化されます。
DenHoのユニークキーを返却し、相互に紐付けすることも可能です。ファイル添付の画面の組み込みについては当社での作成も出来ます。オーダメイドのモバイルアプリやサイトの提供も可能です。

インボイス制度対応の連携例

インボイス制度

インボイス(適格請求書)の記載事項に不備・不正がないかをAIが自動チェックし、判定結果を返却します。
会計システム側からファイルをDenHoに渡すと、自動で項目要件をチェックし、結果を会計システムに返します。登録番号においては国税庁のデータベースと照合し、事業者名が一致するか自動でチェックします。インボイスに該当する書類には請求書・領収書・レシート・納品書などがありますが、帳票の種類問わずインボイス自動チェックに対応しております。

会計自動仕訳の連携例

会計自動仕訳

DenHoに保存されたファイルから、AI-OCRで抽出されたデータを仕訳データに変換し、会計システムや基幹システムへ渡します。消費税別の商品の対価と消費税額を抽出し、複合仕訳の生成も可能です。(準備中)

Contact

お問い合わせ