表データのページ区切り表示

【バージョンアップ】表データのページ区切り表示ができるようになりました

2021年9月のスマートOCRバージョンアップにて、表データのページ区切り表示ができるようになりましたのでご紹介します。

これまでは、帳票内の表が複数ページにまたがっている場合においては、抽出データとしての表データ表示において一つの表として表示されていました。

今回のバージョンアップでは、表データのOCR処理結果を確認する際に、確認しやすくするために元画像データのページに応じた、ページ区切り表示をできるようになりました。

 

「ページ区切りを表示」にチェックを入れるとページ番号のラベルが表示されます。

表データのページ区切り表示

 

ページが分かれていると、区切りとなる箇所で表データが分割されて表示されます。

ページ区切り表示2ページ目

Web Seminar

WEBセミナー情報

2022年3月25日(金)15:00~開催
Webセミナー アドバンスコース
〜3月バージョンアップ内容のご紹介〜

本セミナーでは、既にスマートOCRをご利用いただいているお客様を対象に、スマートOCRのバージョンアップ内容をお伝えさせていただきます。

お申込みはこちらから
The following two tabs change content below.
スマートOCRに関する情報を発信していきます。 スマートOCRは非定型帳票や手書き文字にも対応した次世代型のAI-OCRです。スマートOCRについての詳しい情報はこちらから。 公式Twitterで最新情報を配信していますので、フォローしていただけると最新情報をすぐに入手できます。