複雑な表からデータ抽出

【バージョンアップ】複雑な表組みからデータ抽出できるようになりました

2021年7月のスマートOCRバージョンアップにて、複雑な表組みからのデータ抽出に対応いたしましたのでご紹介します。

キーとなる枠に隣り合う項目の枠と枠の高さが異なる場合、項目の枠に対してバリュー対象の枠を含めた複数の枠が隣接する場合に、バリューの位置を一意に特定できないケースがあります。
そのため、キーワードに隣接した枠のうち、上の枠、下の枠といった設定ができるようになりました。

図でご確認いただいたほうがわかりやすいので、以下に具体例を記載します。

詳細な設定方法についてはここでは割愛させていただきますが、表のレイアウトが複雑で今まではデータ抽出できずあきらめていた帳票フォーマットでも、データ抽出の実現可能性が大きく向上しました。ぜひご活用ください。

Web Seminar

WEBセミナー情報

2022年3月25日(金)15:00~開催
Webセミナー アドバンスコース
〜3月バージョンアップ内容のご紹介〜

本セミナーでは、既にスマートOCRをご利用いただいているお客様を対象に、スマートOCRのバージョンアップ内容をお伝えさせていただきます。

お申込みはこちらから
The following two tabs change content below.
スマートOCRに関する情報を発信していきます。 スマートOCRは非定型帳票や手書き文字にも対応した次世代型のAI-OCRです。スマートOCRについての詳しい情報はこちらから。 公式Twitterで最新情報を配信していますので、フォローしていただけると最新情報をすぐに入手できます。