【バージョンアップ】表データの編集画面にて列幅をマウスで操作可能に

2021年7月のスマートOCRバージョンアップにて、表データの編集画面にて列幅をマウスで操作できるようになりましたのでご紹介します。

表データの画面にて、1行目のセルの境界へマウスをのせるとカーソルが変化します。マウスが変化した状態でドラッグすると列幅を変更することができます。

以前は列幅が狭いことで、抽出したデータの文字数が多くてセルから見切れてしまい、セルをクリックしてテキストのフォーカスを進めて確認するしかなく、手間がかかってしまうこともありましたが、列幅を広げて確認できることで、セル内の文字が多くても確認しやすくなりました。

マウス操作に関するバージョンアップということもあり、変わったことに気づきにくい機能ですが、けっこう便利な機能なのでぜひご活用ください。

Web Seminar

WEBセミナー情報

2022年3月25日(金)15:00~開催
Webセミナー アドバンスコース
〜3月バージョンアップ内容のご紹介〜

本セミナーでは、既にスマートOCRをご利用いただいているお客様を対象に、スマートOCRのバージョンアップ内容をお伝えさせていただきます。

お申込みはこちらから
The following two tabs change content below.
スマートOCRに関する情報を発信していきます。 スマートOCRは非定型帳票や手書き文字にも対応した次世代型のAI-OCRです。スマートOCRについての詳しい情報はこちらから。 公式Twitterで最新情報を配信していますので、フォローしていただけると最新情報をすぐに入手できます。