AI-OCRで非定型帳票のデータ化を実現AI-OCRで非定型帳票のデータ化を実現

更新情報

2018年12月13日
スマートOCR バージョン 1.1 リリース
2018年12月1日
スマートOCR V2版リリース
2018年11月27日
機能一覧を追加しました
2018年10月25日
マスター機能を搭載しました
2018年10月1日
スマートOCR クラウドサービス 正式版リリース
2018年8月24日
ホームページをリニューアルしました

(お困りではありませんか?)

フォーマットが異なる大量の
紙帳票(請求書・発注書など)を
手作業によって
データ入力していく…
かかる時間もコストも膨大です しかし…
かかる時間もコストも膨大です
しかし…
そんな時代はもう終わります
そんな時代はもう終わります

さまざまな紙帳票フォーマットのデータ化を一気に処理データ入力業務の効率化とコスト削減に貢献します

AI-OCR「スマートOCR」の3つの特徴AI-OCR「スマートOCR」の3つの特徴
従来のOCRソフトのように帳票定義(座標指定)設定の必要はありません。
スキャンされた画像から即座に必要な項目だけのデータに OCR変換されて表示されます。

特許出願済

ディープラーニングGANとCNNを用いたAI-OCR文字認識エンジン

ディープラーニングGANを用いたノイズ除去エンジン

非定型帳票のデータ化システム

コア技術について

スマートOCR(AI-OCR)なら従来のOCRとは比較にならない精度で
紙帳票をデータ化します

  スマートOCR(AI-OCR) 従来のOCR
導入容易性
画像を読み込むとすぐに結果を表示
帳票定義(座標)設定が必要
非定型レイアウト対応
非定型文章でも読取り可能
非定型文章には対応できない
文字認識
ディープラーニングCNNによる文字認識
従来のベクトル・確率分布等を用いた文字認識
再学習
文字画像を学習させることにより認識率向上
×精度向上はOCRエンジンのバージョンアップが必要
ノイズ処理
AIノイズ処理エンジンにより学習させることで、高度なノイズ除去処理が可能(スキャニング時の影、網掛け、べた塗り、白抜き文字など)
×非AIによるノイズ処理
誤認識修正
自然言語処理(形態素解析、N-GRAM)、辞書登録等による修正
辞書登録による修正
スマートOCRのインテリジェントデータ抽出機能

スマートOCRのインテリジェントデータ抽出機能は、高精度AI-OCRエンジンで読み取った文字データから必要なデータのみを抽出します。

抽出されたデータは、基幹システム、RPA、会計ソフト、汎用データベースなどさまざまな入力フォーマットにあわせたデータとして出力が可能です。

データ抽出機能について

RPAフローへの組み込みなど
お客様のご要望に応じたカスタマイズが可能です

スマートOCRシステムのフロースマートOCRシステムのフロー
システムのフローについて

ご導入の方法は3つの提供形態から選べます
中小企業様にも導入がしやすいクラウドサービスもあります

スマートOCRシステムは、オンプレミスとプライベートクラウドの2タイプと、汎用型のクラウドサービスが用意されています。またAI-OCRエンジン単体でのご提供も可能です。自社のRPA製品に組み込む形でご利用いただけます。
AI-OCR「スマートOCR」ラインナップAI-OCR「スマートOCR」ラインナップ
ラインナップについて
スマートOCR クラウドサービス
自社でサーバー環境を用意しなくても、インフォディオが提供するクラウドサービスを利用して、
中小企業様でもお気軽にAI-OCR「スマートOCR」を導入することができます。
クラウドサービスについて

資料請求

スマートOCR 資料請求
カタログデータ(2018年7月版)をPDFでご覧いただけます。
スマートOCRの導入をご検討の方、
お気軽にお問い合わせください。
「よくあるご質問」もご利用ください。
AI-OCR「スマートOCR(smartOCR)」 注)Webページに掲載のシステム画面は開発途中のものを使用しております。ご了承ください。
「スマートOCR」は、株式会社インフォディオの登録商標です。