スマートOCR
スマートOCR
スマートOCR 資料請求
製品概要、エンジン等の詳しい内容をPDFでご覧いただけます。
詳しい料金プランのデータをPDFでご覧いただけます。

『スマートOCR』の特徴

01

事前定義( 位置定義等 ) が不要

従来のOCRは、抽出したい文字の位置設定をするのに時間がかかります。スマートOCRは、アップロードするだけで非定型紙帳票をデータ化します。

事前定義( 位置定義等 ) が不要

02

高精度データ抽出機能(自社開発)

文字背景にのったカラー情報(ノイズ)を読み取り、
抽出したい文字だけを認識しデータ化してくれます。
※約3000文字を超えた実証実験の結果です。解像度等によっては異なる場合がございます。

高精度データ抽出機能(自社開発)

03

OCR変換後の文字チェックが容易

文字確認・修正を行うことはOCR変換後、大切な作業です。
自動で信憑率が色分け表示されるので、
信憑率が低いものから優先して文字チェックができます。

OCR変換後の文字チェックが容易

04

マスター連携

マスター連携により、会社電話番号から正式会社名や会社コードや担当者、商品名から商品コードを自動表示することが可能です。

マスター連携

05

仕事改革、人件費削減!RPAとの連携が可能!

RPAとは

Robotic Process Automation

普段のデスクワークをルールエンジンやAI(人工知能)などの技術を備えたソフトウェアのロボットが代行・自動化する概念のことです。RPAの速度は、人間のパソコン操作速度の約3倍と言われており、人間が1日8時間働くところ、RPAは3倍の24時間働くことができます。

OCRとRPAの連携を行うメリットは、RPAツールだけでは対応できなかった紙文書のデータ化を効率的に行え、エントリー業務までを含めた一連の業務プロセスを自動で実行できる点にあります。「コスト削減」「ミス防止」「業務効率化」に貢献する「RPAとOCRの連携」を導入する企業は年々増えております。

仕事改革、人件費削減!RPAとの連携が可能!

提供形態

クラウド
サービス

汎用のスマートOCRをご利用いただくクラウドサービスです。

特徴

①サーバー設置不要
②初期コストを抑えるられる
③カスタマイズ、追加学習は不可

専用クラウド
サービス

お客様専用のスマートOCRをご用意したクラウドサービスです。

特徴

①サーバー設置不要
②弊社よりAWS環境を提供
③要望に応じてカスタマイズ、追加学習は可


プライベートクラウド
(ライセンス)

お客様がご契約しているAWS等のクラウド環境でOCRを使用します。

特徴

①サーバー構築を提供
②お客様がAWS環境をご準備
③要望に応じてカスタマイズ、個別初期学習が可能

オンプレミス
(ライセンス)

サーバを構築し専用OCRシステムをインストールして使用します。

特徴

①サーバー構築を提供
②ランニングコストはAWSより低い
③要望に応じてカスタマイズ、個別初期学習が可能

お問い合わせからご契約までの流れ

1
お問い合わせ
資料請求、導入後の予算イメージ、他製品との比較をご検討している等、まずはお客様のご要望をお聞かせ下さい。
2
サンプル帳票検証(無償)
実際に使用している帳票をサンプルとして数枚ご提示いただき、弊社がスマートOCRエンジンで実際にOCR変換を行います。
汎用的な学習のみ行ったエンジンでの認識率と、認識率を上げるためにはどのようなお客様専用学習を行えばいいかをご報告します。
3
システム提案(概算見積提示)
お客様の運用要件とサンプル帳票検証結果から最適なシステム提案(概算見積提示)を行います。
サンプル帳票検証でのご報告を踏まえ、ご要望に沿ったシステム提案や導入費用等の見積を提示します。
4
実証実験(有償)・コンサルティング
お客様と実証実験方法を協議して、実証実験を実施させていただきます。
実証実験結果から導入判断をしていただき、導入システムの要件(見積提示)を確定します。
費用は都度見積もりとなっており、費用面も含めお客様のご希望に沿った形で進めることができます。
5
ご発注・契約
6
システム構築
お客様の導入システム要件に従い、お客様向けのディープラーニングおよびカスタマイズ開発を行い、システム構築をおこないます。
7
システム運用・保守
システム保守の他にも定期的にエンジンのバージョンアップを行い、より精度の高いOCRを目指します。
エンジンの保守・バージョンアップともに料金が年間ライセンスに含まれており、別途の費用は発生しません。