パック/オプション|AI-OCR対応のスマートOCRスマートOCRに関するパッケージ情報と、様々な連携オプションを
ご紹介します。

決算書基本パックリリース! 詳しくはこちら↓

スマートOCR

様々な非定型帳票に対応でき、複数項目等の複雑な帳票も正確に認識・変換することが可能です。

スマートOCR
スマートOCR

AI-EX搭載スマートOCRで面倒な帳票定義が不要に!多種帳票のデータ化が誰にでも簡単に実現

〜事務作業効率が飛躍的にアップします〜

取り出したい項目をマウスでクリックするだけで、抽出項目の特徴量が機械学習され、学習モデルを基に自動的にデータ抽出が可能となります。

フォーマットが異なる帳票である請求書、レシート、名刺、運転免許証などにおいては、AI-EX(β版) によるデータ抽出精度は76 〜 98% で、それぞれ抽出されたデータは確信度に応じて色分けされて表示可能です。

2020年9月16日にβ版をリリースし、年内に正式版をリリース予定。
10月までにお申し込みのユーザは、無償にてご利用可能。
またスマートOCRクラウドトライアルにおいてもお試し頂けます。
詳細仕様についてのページを後日リリースいたします。

スマートOCR

汎用的なスマートOCRを充実させる
パッケージオプション!!

スマートOCR請求書

帳票種類:請求書

請求書処理に適したマルチなオプション機能が追加されました。様々なフォーマットの請求書のデータ化が可能です。

スマートOCR請求書
スマートOCR領収証・レシート基本パック

帳票種類:領収書/レシート

領収書とレシートの処理に適した基本パック※。
位置指定による定義が不要で、スマホなどで撮影した写真をアップロードすることでご利用いただけます。

発行日・発行者・店舗名・電話番号・但し書き・合計金額・消費税8%対象額・消費税などの項目を認識してOCR処理します。
経費精算システム・会計システム等との連携により、業務効率化を図ることができます。

従来では難しかった、撮影された領収書・レシートのOCRがスマートOCR(AI-OCR)により可能になりました。

スマートOCR領収書・レシート
スマートOCR名刺基本パック

帳票種類:名刺

名刺の処理に適した基本パック※。
位置指定による定義が不要で、スマホなどで撮影した写真をアップロードすることでご利用いただけます。

会社名・氏名・電話番号・メールアドレス・住所・部署名などの項目を認識してOCR処理します。
CRM(顧客管理)システム・SFA等との連携により、業務効率化を図ることができます。

従来では難しかった、撮影された名刺のOCRがスマートOCR(AI-OCR)により可能になりました。

スマートOCR名刺
スマートOCR運転免許証基本パック

帳票種類:運転免許証

運転免許証の処理に適した基本パック※。
位置指定による定義が不要で、スマホなどで撮影した写真をアップロードすることでご利用いただけます。

氏名・生年月日・番号・交付日・有効期限など必要な項目をデータ化することが可能です。
本人確認システムとの連携により、効率化を図ることができます。

従来では難しかった、撮影された運転免許証のOCRがスマートOCR(AI-OCR)により可能になりました。
---運転免許証基本パックには運転免許証の裏面のデータ抽出設定は含まれていません。

スマートOCR運転免許証
スマートOCR健康保険証基本パック

帳票種類:健康保険証

健康保険証の処理に適した基本パック※。
位置指定による定義が不要で、スマホなどで撮影した写真をアップロードすることでご利用いただけます。

氏名・生年月日・番号・取得年月日・保険者番号・保険者名称など必要な項目をデータ化することが可能です。
病院システムやレセコン(レセプトコンピューター)等との連携により、業務効率化を図ることができます。

従来では難しかった、撮影された健康保険証のOCRがスマートOCR(AI-OCR)により可能になりました。

スマートOCR健康保険証
源泉徴収票基本パック

帳票種類:源泉徴収票

源泉徴収票の処理に適した基本パック※。
位置指定による定義が不要で、スマホなどで撮影した写真をアップロードすることでご利用いただけます。

受給者番号・個人番号・氏名・支払金額・控除対象配偶者有無・控除額・支払者法人番号・支払者名称などすべての項目を認識します。
各種金融機関、官公庁・自治体における源泉徴収票(写真撮影) のデータ化などのデータ入力作業業務の改善、システム連携により業務効率化を図ることができます。

従来では難しかった、撮影された源泉徴収票のOCRがスマートOCR(AI-OCR)により可能になりました。

スマートOCR源泉徴収票
源泉徴収票基本パック

帳票種類:決算書(貸借対照表・損益計算書)

決算書(貸借対照表・損益計算書)の処理に適した基本パック※。
位置指定による定義が不要で、スマホなどで撮影した写真をアップロードすることでご利用いただけます。

資産合計、流動資産・固定資産・無形固定資産・流動負債、固定負債、株主資本、純資産合計、売上高、営業利益、営業外収益、経常利益、特別利益などすべての項目を認識します。
各種金融機関、官公庁・コンサルタント等における決算書のデータ入力作業業務の改善、システム連携により業務効率化を図ることができます。

従来では難しかった、撮影された決算書のOCRがスマートOCR(AI-OCR)により可能になりました。

スマートOCR決算書

※ 基本パックにおいては、それぞれ基本設定を基に運用しながら、読み取り困難なドキュメント等に関しましては精度改善を行う必要があります。

スマートOCR連携オプション

アプリ01

スマートOCRデスクトップアプリ

帳票種類:各種帳票

OCR変換をしたい画像を格納するフォルダの指定をするだけで、自動アップロード〜OCR変換〜CSV出力まで行うことが可能です。

スマートOCRデスクトップアプリ

アプリ02

スマートOCRアプリ

帳票種類:領収書、レシート等

外出先でレシートなどをその場で撮影してアップロードすれば、社内の経理部の方がPCで確認し、経理システムへ反映することも可能です。

スマートOCRアプリ

連携実績03

セールスフォースとの連携

帳票種類:請求書

紙の請求書をスマートOCRでOCR変換したデータは、セールスフォースシステムへボタン1つで連携することができます。

セールスフォースとの連携

連携実績04

kodak

帳票種類:領収書...等

『Kodak S2060w』を使用すれば、サイズが違うレシートを高速スキャンすることが可能です。さらに、デスクトップアプリを組み合わせることで効率的にOCRを行えます。

Kodak S2060w

連携実績05

まいと〜く

帳票種類:FAX用紙

FAXサーバーソフト「まいと~く」を導入することで、受信したFAXをスマートOCRへスムーズに連携できます。
また、スマートOCRでは背景にノイズがのった帳票から文字のみをデータ化することが可能です。
連携実績:まいと~く Center Hybrid(株式会社インターコム)

まいと〜く
AI-OCR「スマートOCR(smartOCR)」