データ抽出|AI-OCR対応のスマートOCRスマートOCRの機能をご紹介します。

① キー・バリューデータ抽出

抽出したいキー(項目)、バリューを設定することにより複数のデータを効率よく処理できます。

キー・バリューデータ抽出

② キーがない場合でのバリュー抽出

例えば、金額(バリュー)を抽出したい場合、キー(項目)を設定せずにOCR変換が可能です。

キーがない場合でのバリュー抽出

③ エリア指定抽出

抽出したい文字位置が定まっている場合、エリア指定が有効的です。

エリア指定抽出

④ チェックボックス抽出(開発中)

アンケートをOCR変換したい場合、チェックされた文字のみ抽出できます。

チェックボックス抽出

⑤ 表データ抽出

元画像から表データを自動認識しOCR変換後、表データでも表現できます。

表データ抽出

⑥ 正規表現抽出

請求日などの「数字」を抽出したい場合、有効的です。

正規表現抽出

⑦ マスターデータ連携

予め登録したマスターデータとデータ抽出項目を紐付け、自動的に表示します。例)発注元を紐付け「会社コード」を表示。

マスターデータ連携

⑧ 抽出データの加⼯、演算

例えば、データ抽出項目から「消費税」を自動表示させたい場合、計算式を設定することができます。

抽出データの加⼯、演算

⑨ 抽出条件テンプレートのインポート、エクスポート

他のアカウントへ作成したテンプレートを移行したい場合などに、有効的です。

抽出条件テンプレートのインポート、エクスポート

⑩ ⾃動ダウンロード
(デスクトップアプリ・オプション)

自動アップロード同様、デスクトップアプリからフォルダ指定を予め設定しておくと自動でダウンロードができます。

⾃動ダウンロード(デスクトップアプリ・オプション)

スマートOCRの導入をご検討の方、
お気軽にお問い合わせください。
スマートOCRの導入をご検討の方、お気軽にお問い合わせください
AI-OCR「スマートOCR(smartOCR)」