スマートOCRの機能スマートOCRの機能をご紹介します。

構造化処理

OCR結果の文字列を形態素解析、座標解析、枠組み・表解析、空白解析等により、構造化ドキュメントを作成します。

他のOCR製品では諦めていた複雑なレイアウトの帳票もおまかせください。

1組み・表解析

元画像の形式を表であるのか、文字だけなのかを解析します。

組み・表解析

2形態素・文字種解析

従来のOCRでは「数字を英語と認識」しがちですが、スマートOCRは「英語、数字、日本語」を解析し変換します。

形態素・文字種解析

3位置座標解析

抽出したい位置を設定することにより間違いが起きにくいよう設定することができます。

位置座標解析

4空白解析

元画像の無駄に開いてしまった余白を機械が解析します。

空白解析

5段落解析

横軸のランダムに入ってしまった線を機械が解析し、OCR変換を行います。

段落解析
スマートOCRの導入をご検討の方、
お気軽にお問い合わせください。
スマートOCRの導入をご検討の方、お気軽にお問い合わせください
AI-OCR「スマートOCR(smartOCR)」