スマートOCRの機能スマートOCRの機能をご紹介します。

枠線・表認識

枠線・表認識機能により、文字列を構造的に認識して、データ化が容易になります。

これまで難しいとされた非定型帳票から表データを取り出すこともスマートOCRは可能にしました。

1枠線・表認識

非定形帳票のフォーマット内で自動的に表や線を認識します。

他の製品では固定座標による位置指定をしないと表を認識できないといった制限がありますが、スマートOCRでは位置指定なしでも表の認識が可能です。

枠線・表認識

2かすれ線修正認識

表の罫線がかすれていると、AIが表の区切りを認識しづらくなります。 

かすれ線があっても表を正しく認識できるように自動修正されます。

かすれ線修正認識

3仮想線認識

全く線のないデータに関しても仮想で線を描き、文字や表を崩れにくいデータ認識を行います。

仮想線認識
スマートOCRの導入をご検討の方、
お気軽にお問い合わせください。
スマートOCRの導入をご検討の方、お気軽にお問い合わせください
AI-OCR「スマートOCR(smartOCR)」