スマートOCRの機能スマートOCRの機能をご紹介します。

UI/UX

WEBブラウザにより簡単に画面操作ができ、インストールしなくても利用できます。

AI-OCRはめざましい進化を遂げていますが、AIが全ての業務をこなしてくれるわけではありません。

業務システムとしての本質的な目的である日々の業務の効率化には人間が使いやすいUIが不可欠です。

1画像サムネイル表示

スマートOCRによって変換したファイルは、サムネイルで一覧表示が可能です。

帳票を視覚的に探しやすいUIとなっております。

画像サムネイル表示

2ファイルアップロード(複数可能)

OCR化したいデータをまとめたフォルダ(もしくはデータ)をドロップするか、選択することでアップロードを楽に行えます。

ファイルアップロード(複数可能)

3スプレッドシート表示機能

スマートOCRによってOCR変換した文字データを全て表示できます。

もちろんCSVでダウンロードすることもできます。

スプレッドシート表示機能

4絞り込み表⽰

ステータス、ユーザ設定タグを絞り込み表示できます。

期間や担当者、ファイル名など、多彩な検索条件による絞り込み検索が可能です。

絞り込み表⽰

5画像の拡⼤、縮⼩表⽰

OCR変換した帳票を拡大、表示できます。

画像の拡⼤、縮⼩表⽰

6修正一覧管理機能

誤認識があった箇所を「辞書」機能に登録することにより、同じ間違いが起きないよう機械に学習させることができます。

修正一覧管理機能

7OCR認識機能

スマートOCRが文字認識した箇所をわかりやすく青枠で表示しています。

OCR認識機能

8誤認識文字修正

間違った文字列を選択し修正できます。

誤認識文字修正

9信憑率色分け表示

一OCRの認識率を色分けして表示します。認識率の低い文字列を認識して、OCR変換ミスを容易に見つけることが可能です。

信憑率色分け表示

10再OCR

オプションをチェックし忘れた場合、再アップロードせず再度OCR変換を依頼できます。

再OCR

11画像切り出し

OCR変換したい箇所を切り出し(トリミング)することができます。

画像切り出し
スマートOCRの導入をご検討の方、
お気軽にお問い合わせください。
スマートOCRの導入をご検討の方、お気軽にお問い合わせください
AI-OCR「スマートOCR(smartOCR)」