UI/UX|AI-OCR対応のスマートOCR スマートOCRの機能をご紹介します。

① 画像サムネイル表示

スマートOCRによって変換したファイルは、サムネイルで一覧表示が可能です。

画像サムネイル表示

② ファイルアップロード(複数可能)

OCR化したいデータをまとめたフォルダ(もしくはデータ)をドロップするか、選択することでアップロードを楽に行えます。

ファイルアップロード(複数可能)

③ スプレッドシート表示機能

スマートOCRによってOCR変換した文字データを全て表示できます。

スプレッドシート表示機能

④ 絞り込み表⽰

ステータス、ユーザ設定タグを絞り込み表示できます。

絞り込み表⽰

⑤ 画像の拡⼤、縮⼩表⽰

OCR変換した帳票を拡大、表示できます。

画像の拡⼤、縮⼩表⽰

⑥ 修正一覧管理機能

誤認識があった箇所を「辞書」機能に登録することにより、同じ間違いが起きないよう機械に学習させることができます。

修正一覧管理機能

⑦ OCR認識機能

スマートOCRが文字認識した箇所をわかりやすく青枠で表示しています。

OCR認識機能

⑧ 誤認識文字修正

間違った文字列を選択し修正できます。

誤認識文字修正

⑨ 信憑率色分け表示

一OCRの認識率を色分けして表示します。認識率の低い文字列を認識して、OCR変換ミスを容易に見つけることが可能です。

信憑率色分け表示

⑩ 再OCR

オプションをチェックし忘れた場合、再アップロードせず再度OCR変換を依頼できます。

再OCR

⑪ 画像切り出し

OCR変換したい箇所を切り出し(トリミング)することができます。

画像切り出し

スマートOCRの導入をご検討の方、
お気軽にお問い合わせください。
スマートOCRの導入をご検討の方、お気軽にお問い合わせください
AI-OCR「スマートOCR(smartOCR)」