!DOCTYPE html> スマートOCR バージョンリリース|当社からのお知らせ|トップ|スマートOCR - AI-OCRで非定型帳票のデータ化を実現|インフォディオ

当社からのお知らせ

スマートOCR バージョン 2.1リリース

2019.9.12

お客様各位

日頃より大変お世話になっております。
この度、スマートOCR バージョン 2.1をリリースした事をお知らせ致します。

項目 詳細
画面デザイン

メイン画面を中心に画面デザインをリニューアル

明るい空色を中心とした色合いを基調に、視認性を重視したボタン等のデザインを採用しています。今後も継続的に、操作性を含めたデザイン改善を進めてまいります。

ファイルの一覧表示/OCR実行

OCR実行前に設定できるOCR処理オプションの設定方法を改善

子ウィンドウを開かずに「OCR依頼ボタン」横のチェックボックス等で直接設定可能となります。また、現在の設定内容がひと目でわかるようになります。

OCR完了後のファイルのサムネイルにマウスを乗せた際にOCR実行時の処理オプション設定内容が表示されるよう改善

マスター

マスター表を表示させるグループを限定可能新機能

これまですべてのグループに全てのマスター表が表示されていましたが、グループ別に必要なマスター表のみを表示させることが可能となります。「ユーザ管理」画面の「マスタ」タブから設定可能です。

データ抽出

データ抽出条件設定を強化・改善新機能

1.表データ抽出項目に抽出結果に対する計算式適用の機能を追加

2.キーバリューデータ抽出の手入力項目と表データ抽出項目にデフォルト値を設定可能

保存/確定前の抽出データ確認画面で、入力ボックスにマウスを乗せた際にデータ内容の全体を表示するよう改善

OCR結果/スプレッドシート

「誤り辞書」一覧画面で直接新規追加が可能

「誤り辞書」に追加していただくと、同じ誤認識が発生した場合、自動的に正しい内容に置換させることが可能です。従来は「修正一覧」画面または「スプレッドシート」画面からの追加が必要でしたが、直接新規追加が可能となります。

履歴画面

履歴画面のファイル一覧に検索機能を追加新機能

アップロード/保存/確定/ダウンロードを行ったユーザー名、日付ごと、また、確認状況/OCR状況などの条件を組み合わせてファイル検索が可能です。履歴画面の検索結果から、各ファイルをクリックしてメイン画面の内容を表示させることが可能です。

OCR文字認識

OCR処理時の「自動回転」機能の判定能力を改善

AI-OCR文字認識のさらなる改善

文字列および枠の認識に基づく構造化処理の改善

罫線のない表形式の認識を強化する仮想罫線モードの改善

その他

不具合修正、細部の改善

戻る

当社からのお知らせ

スマートOCR バージョン 2.0リリース

2019.8.7

項目 詳細
データ抽出

キー・バリューデータの抽出機能を追加新機能

1.手入力項目に「表示項目を利用する」機能を追加

OCR結果からデータ抽出したほかの項目またはファイル名を利用し、その結果の一部を置換したり、金額等の数値であれば計算式を適用したりして、別の結果としてデータ抽出項目(出力CSVに含む項目)として追加できます。

2.手入力項目に「ドキュメント中の文字列に応じてマスター項目の挿入」機能を追加

従来の「マスターの項目を利用する」によるマスター連携では、特定のデータ抽出項目の値をもとにしてマスターの項目を挿入可能ですが、この機能によりマスターと連携した場合、ファイル全体のOCR結果から合致する文字列を検索してマスター連携を行うことが可能となります。

データ抽出条件設定における正規表現の仕様を強化

プリセットのサンプルテンプレートを追加

スプレッドシート

表部分を抜粋した表示モードを追加新機能

スプレッドシート表示画面下部に「全体」「テーブル1」「テーブル2」の切替えボタンが追加され、従来の帳票全体のスプレッドシート表示に加え、表部分(大きな部分から順に最大2つ)のみを自動的に抜粋表示させることが可能となります。

ユーザ管理

グループごとに月間使用可能枚数の制限が可能

OCR文字認識

OCR処理時の「印鑑除去」機能の強化新機能

OCR実行前に設定できるOCR処理オプションでオン/オフの設定が可能

OCR処理時の「自動回転」機能の強化新機能

OCR実行前に設定できるOCR処理オプションでオン/オフの設定が可能
オン設定時は、OCR対象画像の向き(上下左右)が合っていない場合でも、自動的に正しい向きに回転した上でOCR実行します。

AI-OCR文字認識のさらなる改善(半角カタカナ、第2水準漢字を中心とした強化)

文字列および枠の認識に基づく構造化処理の改善

罫線のない表形式の認識を強化する仮想罫線モードの改善

その他

不具合修正、細部の改善

戻る

当社からのお知らせ

スマートOCR バージョン 1.8リリース

2019.7.12

項目 詳細
ファイルのアップロード

「アップロードと同時に、OCR依頼も行う」オプションを追加

事前にアップロード画像の向きを揃えていただいている場合など、1ファイルずつ確認した上でOCR依頼ボタンを押す操作を省略することが可能となります。

データ抽出

表データの抽出性能を強化・改善新機能

1.「抽出しない」「自動抽出」「項目指定」「エリア指定」の4つの設定から、表データの抽出を詳細に設定することが可能

複数の行から成るセルが繰り返される行構成となっているような複雑な形式の表に対しても、狙いを定めたデータ抽出設定が可能になります。

2.表データ抽出に対するエリア指定が可能

行全体の座標および1行目の座標を指定していくことで、行の繰り返しを考慮したデータ抽出が可能となります。 (非定型の表データ抽出性能を継続的に向上させておりますが、難度の高いデザインの表への対応方法の選択肢の1つとして、エリア指定による方法もご提供します。)

3.セルのデータの一部を抽出対象とするためのフィルター条件に

文字種による指定「カタカナ、英文字、英数文字」を追加

キー・バリューデータの抽出性能を改善

1.抽出データタイプの追加(人名、E-Mail等)

2.正規表現による抽出機能を強化し、より多彩な条件を記述可能

3.エリア抽出によるデータ抽出の設定可能条件を強化

帳票画像の画質等の影響によりOCR失敗となってしまった場合でも、テンプレートを選択してキー・バリュー値を手動入力することが可能

管理者ID以外の抽出条件テンプレート編集可能IDでも、抽出条件のインポート・エクスポートが可能

Ctrlキーを押しながらOCR結果の文字列をクリックすることにより、データ抽出結果に別の文字列を追加できるように改善

Tabキーによる項目移動の操作性を改善

確定データ一覧

確定データ一覧からのCSVに、各帳票画像を表示させるためのスマートOCRの個別URLが記録されるように改善

確定データ一覧からのCSVダウンロード時にZIP圧縮されるよう変更

ユーザ管理

画面に表示するユーザー名を変更可能

ユーザIDごとにメールアドレスが登録可能

OCR文字認識

文字列および枠の認識に基づく構造化処理の改善

罫線のない表形式の認識を強化する仮想罫線モードの改善

その他

不具合修正、細部の改善

戻る

スマートOCR バージョン 1.7リリース

2019.6.10

項目 詳細
ファイルのアップロード、一覧表示

アップロード機能の改善

1.サムネイル一覧表示
アップロード開始時からサムネイル一覧に表示され、アップロードの進捗がわかりやすくなります。また、複数ファイルをまとめてアップロードした場合でも、アップロード処理が完了したファイルから順次後続の処理が可能となり、待ち時間が削減されます。

2.PDFのアップロード速度を改善

一覧表示の改善

1.ステータスの細分化
OCR完了後のステータスを細分化し、よりきめ細かい管理が可能となります。これらの各ステータス別の絞り込み表示も可能です。
「未確認」…… OCR完了後、結果の確認・保存を行っていない段階
「保存済」…… データ抽出結果の保存を行った段階
「確定済」…… さらに、確定(確定データ一覧への登録)を行った段階
「ダウンロード済」…… 定データ一覧でCSVダウンロードを行った段階

2.各ファイルのステータス表示を色分けにより見やすく改善

3.ログインしている利用者の画像のみの絞込み表示が可能

OCR文字認識

OCR処理オプションの追加新機能

OCR実行前に、大/小の文字の大きさに最適化させた認識モードの選択、罫線のない表形式の認識を強化する仮想罫線モードの選択が可能となります。

文字列および枠の認識に基づく構造化処理の改善

OCR依頼ボタンの位置など画面構成の改善

データ抽出

抽出条件テンプレートのエクスポート、インポートが可能新機能

抽出条件テンプレートの編集権限一般ユーザに個別設定可能新機能

これまで管理者ユーザのみがテンプレートを編集可能でしたが、「ユーザ管理」画面で設定した一般ユーザも編集可能となります。
※ 既存の一般ユーザは「テンプレート編集不可」に設定されています。

抽出条件テンプレートを表示させるグループを限定可能新機能

これまですべてのグループに全てのテンプレートが表示されていましたが、グループ別に必要なテンプレートのみを表示させることが可能となります。「ユーザ管理」画面の「テンプレート」タブから設定可能です。
※ 既存のテンプレートは全グループで表示可に設定されています。

テンプレートの自動振り分け条件設定を強化(AND/OR条件の指定が可能)

データ抽出結果の保存機能の仕様を強化、変更

ボタン名称が「保存」/「確定」に変更となります。「保存」ボタンにてデータの保存が可能となるため、1次作業者のデータ保存、2次チェック者のデータ確認・確定という処理フローが可能となります。

その他

不具合修正、細部の改善

戻る

スマートOCR バージョン 1.6リリース

2019.5.10

項目 詳細
データ抽出

キー・バリューデータの抽出条件設定に「エリア指定」を追加新機能

帳票画面上で範囲指定して検索対象エリアを設定することで帳票の特定の部分からのデータ抽出が可能となりました。

「マスター」との連携機能強化新機能

複数のマスターのリンク、複合キーによるマスターリンク、マスターとの一致条件設定の多様化、表データ抽出のマスターリンク、抽出履歴とのリンクなど、「マスター」連携機能を強化しています。

「バリュー」のタイプ設定に「振込口座セット」を追加

「バリュー」のタイプ設定「住所」の抽出改善(住所に2行目があるケースに対応)

「キー」の抽出設定に階層的な2つのキー(上位/下位キー)の設定を追加

表データの抽出条件に正規表現のパターン指定を追加

CSV出力時の文字コード、区切り文字が変更可能

抽出データ一覧

データ抽出対象のファイル一覧に検索機能を追加新機能

OCR文字認識

文字列および枠の認識に基づく構造化処理の改善

スプレッドシート

CSV出力時の文字コード、区切り文字が変更可能

その他

不具合修正、細部の改善

戻る

スマートOCR バージョン 1.5リリース

2019.4.04

項目 詳細
ファイルのアップロード、
一覧表示

ブラウザ上でファイルをアップロードする時
「歪み補正の適用」が選択可能新機能

アップロード画像のスキャン状態、撮影状態による歪み、傾きを自動的に補正させることが可能
(なお、著しい歪みの場合は補正しきれない場合があります。また、 不規則な図や絵柄を含む場合、罫線が少ないか全くない場合など元の画像よりも歪みが増してしまうことがあります。こうした場合には、「歪み補正の適用」をオフにして、再度アップロードしなおしてから、OCRを実行してください。)

アップロード機能の改善(アップロードに時間がかかる場合の処理など)

ファイルサムネイル一覧にアップロードしたユーザー名を表示

OCR文字認識

文字列および枠の認識に基づく構造化処理の改善

データ抽出

データ抽出の機能を改善

抽出データ一覧からの出力CSVの仕様を改善

テンプレートの振り分け設定が「抽出条件編集」からも設定可能

その他

不具合修正、細部の改善

戻る

スマートOCR バージョン 1.4リリース

2019.3.07

項目 詳細
OCR文字認識

文字列および枠の認識に基づく構造化処理の改善

スプレッドシート

元の帳票の表構成の再現性を向上

データ抽出

抽出条件テンプレート自動振り分け新機能

抽出条件テンプレートを選択するプルダウンに「==自動振り分け条件設定==」メニューが追加され、ファイル名やOCR結果中の文字列を条件として、お望みのテンプレートが自動で適用されるよう、設定することが可能となりました。

データ抽出の機能を強化

1.データ抽出画面でも信憑率による色分け表示を導入

2.マイナスの金額のデータ抽出を強化

その他

不具合修正、細部の改善

戻る

スマートOCR バージョン 1.3リリース

2019.2.01

項目 詳細
OCR文字認識

OCR文字認識エンジンの強化

画像上でのサイズが大きい文字の読取り性能を向上

スプレッドシート

スプレッドシートの機能を強化

元の帳票の表構成の再現性を向上(元の文字の位置を考慮したセル配置の改善)

辞書機能

辞書機能を改善しました

その他

不具合修正、細部の改善

戻る

スマートOCR バージョン 1.2リリース

2018.12.27

項目 詳細
OCR文字認識

OCR文字認識エンジンの強化

OCR画像前処理

罫線認識の強化(点線の認識関連)

ユーザー管理

ユーザーのグループ分けが可能

1. グループを新たに作成し、ユーザーをグループ分けすることができます。

※既存のユーザーは、全員が「メイングループ」に所属する形となります。

2.一般ユーザーは、所属するグループのユーザーがアップロードしたファイルのみ

アクセス可能となります。

※管理者ユーザーは、全てのグループのファイルにアクセス可能です。

スプレッドシート

スプレッドシートの機能を強化

1.元の帳票の表構成の再現性を向上

2.表の区切りに空白行を追加し、見やすさ・扱いやすさを向上

データ抽出

データ抽出の機能を強化

1.抽出データの変更を元に戻せる機能の追加

2.キー・バリューデータの抽出性能の改善

3.表データの抽出性能の改善

4.画面表示の改善

その他

不具合修正、細部の改善

戻る

スマートOCR バージョン 1.1リリース

2018.12.27

項目 詳細
OCR文字認識

OCR文字認識エンジンの強化

スプレッドシート

スプレッドシートの機能を強化

1.元の帳票の表構成の再現性を大幅に向上

2.スプレッドシート表示の内容をcsvファイルに出力可能

3.画面表示、マウス操作の機能改善

データ抽出

データ抽出の機能を強化

1.キー・バリューデータの抽出時の一部の項目の抽出性能を改善

2.表データ抽出時の表の再現性を改善

スプレッドシート・OCR結果

信憑率の色分け表示の境界値を設定可能

戻る
スマートOCRの導入をご検討の方、
お気軽にお問い合わせください。
「よくあるご質問」もご利用ください。
AI-OCR「スマートOCR」の導入をご検討の方、お気軽にお問い合わせください
AI-OCR「スマートOCR(smartOCR)」